サダン洞窟 (Hpa-an, Sadan Cave) パ・アンの観光情報、観光スポットです。

qr cord

https://mawlamyine.info

サダン洞窟 (Hpa-an, Sadan Cave) パ・アンの観光情報、観光スポットです。


サダン洞窟 (Sadan Cave)

 かなり大きな洞窟です。洞窟内にパゴダがあり、そこを通り抜けると池が広がっていてボートで途中まで帰ることができます。※ボートは有料です。
 ボートは、以前は一艇あたりのお値段でしたが、前回行ったときには1人、2,000kyatとなっていましたが、基本的には、1人あたりの値段になります。ボートの値段は、季節によって値段が変わり、1,500kyat〜2,000kyatで、これは外国人価格です。

 

 ボートで返ってくる場合には、靴、サンダルを入口に置かないで一緒にお持ちください。靴を入口に置いた場合には、船着き場から入口まで裸足で帰ることになります。また、雨季は入口付近まで水があるのでボートが来れますが、乾季、暑季になると水量が少なくなって、入口からかなり手前でボートから降りることになり、10分くらいて入口まで戻ることになります。

 

サダン洞窟 (Sadan Cave)の動画と写真

 

 

ミャンマー、パ・アン、パアンのサダン洞窟、sadan caveの入口です。  サダン洞窟、Sadan Caveの入口になります。ボートに乗って帰ってくる場合には、靴、サンダルを入口におかずに、一緒に持っていったほうがいいです。洞窟を通り抜けた場所はボート乗り場で、そこは靴が必要になります。それと、ボートの降車口は入口から少し離れた場所にあります。靴を置いていくと、裸足で歩く&靴を取りに来なければなりません。
パ・アンのサダン洞窟の入口付近。  サダン洞窟、Sadan Caveの入口になります。靴を置く場所があるのですが、ボートに乗る方は靴を預けずにお持ちください。
サダン洞窟の中には、たくさんの仏像があります。 サダン洞窟は、かなり大きな洞窟です。ボート乗り場までは、10〜15分くらい歩くことになります。
Hpa-an、サダン洞窟、Sadan Cave、Myanmar Travel Information  この看板の先をどんどん歩いて行ってください。途中、階段、足元の悪い場所もありますので、滑らないように十分お気を付けください。10~15分くらい歩くと通り抜けられます。それと、洞窟内は濡れている場所も多数ありますので、足元に十分お気を付けください。洞窟内はパゴダですので、靴を履くことは禁止されています。
サダン洞窟内はとてもすずしいです。塗れている場所もありますので、足を滑らせないようにお気を付けください。  洞窟内はわかりにくいのですが、洞窟は通り抜けられますので、先にどんどん進んでいってください。
サダン洞窟のボート乗り場(有料)。ここから、入口付近までボートで帰ることができます。  ボート乗り場です。ここはパゴダではありませんので、靴を履いても大丈夫です。ここで靴が必要になりますので入口におかずにお持ちください。
ボートがたくさんあります。一人、2,000kyatでした。以前は、1艇ごとの値段でしたが、このあいだ行ったときには1人2,000kyatになってました。

 ボートは、数年前は1艇ごとの料金でしたが、先日行ったときには、1人あたりの料金に変わってました。1人2,000kyatでした。
 ボートの値段ですが、雨季は2,000kyat、暑季は1,500kyatです。理由は、雨季は水量が多いので、入口近くまでボートで帰ってくることができますが、暑季は雨がほとんど降らないので水量が少なく、かなり手前で降りることになり、10分程度歩かなければなりません。

ボートで岩の間を抜けて帰ります。Sadan Cave サダン洞窟、ミャンマー、パアン

 

モーラミャイン・パアン・旅行観光情報、サダン洞窟、sadan cave パアン、パ・アン

 ボートは、岩の間を抜けていきます。パゴダの入口付近までは15分くらいかかります。岩の間を抜けると、田んぼを抜けていきます。季節にもよると思うのですが、乾季、暑季は水の量が減るので、ボートが付く場所が手前になり、20分くらい歩かなければならなくなります。雨季、もしくは、雨季が明けた時期は、入口付近まで行くことができます。

サダン洞窟 (Sadan Cave)

 

 

パ・アン、パアン、旅行観光情報、地図の使い方 地図の使い方

Mawlamyine Travel Information 地図の使い方

サダン洞窟 (Sadan Cave)への行き方

 サダン洞窟 (Sadan Cave)は、少し行きにくい場所にありますが、パ・アンのお勧めする場所としては上位に来ますので、がんばっていってみてはいかがでしょうか?パ・アン市内からですと1時間くらいかかると思われます。方向的には、チャウッカラット・パゴダ (Kyaut Ka Latt Pagoda)の方向になりますが、更にその倍以上の距離があります。
 もちろん、バイク、車で行くことになります。

 

チャウッカラット・パゴダ (Kyaut Ka Latt Pagoda), ミャンマー、myanmar, Hpa an, パ・アン, パアン, Pa-an

Myanmar Travel Information

サダン洞窟 (Hpa-an, Sadan Cave) パ・アンの観光情報、観光スポットです。


Job Mawlamyine

サダン洞窟 (Hpa-an, Sadan Cave) パ・アンの観光情報、観光スポットです。




関連ページ

チャウッカラット パゴダ (Hpa-an, Kyaut Ka Latt Pagoda)
ミャンマーのパ・アンにある、チャウッカラット パゴダ(Kyaut Ka Latt Pagoda)です。このパゴダは、パ・アンのシンボル的な存在でもあり、多くのミャンマー人が訪れます。池の真ん中に、大きな岩があり、その岩の中腹にパゴダがあります。周りの池には大きな鯉がたくさんいます。
Kaw Ka Thaung Cave
Kaw Ka Thaung Caveは、パ・アン(Hpa-an)市内からかなり遠い場所にあります。また、それほど大きいパゴダではありませんので、サダン洞窟などに行ったついでに行くくらいでいいと思います。個人的には、おすすめのパゴダではありません。
バット洞窟, リンノ洞窟 (Hpa-an, Bat Cave, Linno Cave)
バット洞窟, リンノ洞窟 (Hpa-an, Bat Cave, Linno Cave)は川沿いにあるパゴダで、その名の通り、コウモリがたくさん住む洞窟、おすすめの観光スポットです。夕方になると係の人が太鼓を叩くと同時に無数のコウモリが出ていく様子を見ることができます。
ヤテッピャン洞窟 (Yathae Pyan Cave)
パ・アン(Hpa-an)、ヤテッピャン洞窟 (Yathae Pyan Cave)は、サンセット、夕日がとてもきれいなパゴダです。洞窟を抜けると展望台があり、そこからの眺めは最高です!もちろん、日中に行ってもとても眺めがいいですので、パ・アンで行くべきおすすめのパゴダです。
カウゴン洞窟 (Kaw Gon Cave, Kaw Gun Cave)
パ・アン(Hpa-an)にある、カウゴン洞窟 (Kaw Gon Cave, Kaw Gun Cave)。この洞窟はそれほど大きな洞窟ではありませんが、パゴダの壁一面に無数のブッダの彫刻、彫り物が施されているパゴダです。このパゴダは入場料が必要で、外国人は3,000kyat、約250円が必要です。
バインニー洞窟
バインニー洞窟 (Hpa-an, Bayin Nyi Cave)は、入口に温泉のある洞窟です。温泉はきれいではありませんが、足湯くらいなら楽しめると思います。バインニーパゴダにはたくさんの猿が住んでいますので、猿を見たい方は行かれることをお勧めいたします。
Shwe Yinh Myaw Pagoda
Shwe Yinh Myaw Pagodaは、パ・アンの市内にありますので行きやすいパゴダです。川沿いにあるので眺めもいいです。パアン市内から近いこともあって、多くのミャンマー人が訪れます。おすすめするパゴダではありませんが、時間が余ったら行く感じでいいのではと思います。
Night Market (パ・アン)
パ・アン(Hpa-an, Pa-an)にあるナイトマーケットです。16時頃から22時ころまでやっています。ここからの景色は非常によく、昼間に行っても楽しめる観光スポットです。

English 日本語 (Japanese) Myanmar Travel Others About Us