バット洞窟, リンノ洞窟 (Hpa-an, Bat Cave, Linno Cave), 無数のコウモリがみられます。パ・アン観光情報

qr cord

https://mawlamyine.info

バット洞窟, リンノ洞窟 (Hpa-an, Bat Cave, Linno Cave), 無数のコウモリがみられます。パ・アン観光情報


リンノ洞窟 (Linno Cave)、 バット洞窟 (Bat Cave)

夕方5時〜6時くらいにかけて、洞窟からコウモリが出ていくのを見ることができます。30分以上、コウモリが洞窟から出続けていきますので、この洞窟内にはコウモリが何万羽もいると思われます。それと、この場所は、モーラミャインから船で行くときの船着き場になります。

 

リンノ洞窟 (Linno Cave)、 バット洞窟 (Bat Cave)の動画と写真

 

hpa an linno cave bat cave。見にくいかもしれませんが、黒い線がコウモリの群れです。バット洞窟、リンノ洞窟  これは、洞窟のすぐ隣から写真を撮りました。薄っすらと黒い線のようなものが見えますが、これがコウモリの群れになります。17時頃に、ミャンマー人の係の人が洞窟の近くまで来て、太鼓をドン!ドン!ドン!と打ち鳴らします。それと同時に、コウモリが洞窟から一斉に出ていく様子が見れます。太鼓をたたくとなんでコウモリが驚いて出ていくのでしょうか?ビックリするからでしょうか?
hpa an linno cave bat cave。黒い点がコウモリです。バット洞窟、

 コウモリが洞窟から出ていく様子は、30分以上見ることができます。ものすごい数のコウモリです。何万羽といると思います。17時頃から始まりますので、17時にはリンノ洞窟 (Linno Cave)、 バット洞窟 (Bat Cave)に着いておくことをお勧めいたします。
 なお、川沿い&夕方ですので、蚊がすごいです。虫よけをお持ちすることをお勧めいたします。
 

hpa an linno cave bat cave。バット洞窟、リンノ洞窟。コウモリがたくさん住んでいます。夕方には、コウモリが洞窟から出ていくところを見ることができます。

hpa an linno cave bat cave。洞窟の横に上に上るところがあって、上からも見ることができます。

ミャンマー・旅行観光情報、mawlamyine.info モーラミャイン・トラベル・インフォメーション

 洞窟の隣から登ることができ、上からコウモリが出ていく様子を見ることができます。登るといってもかなり急な坂で、ほとんど岩場を登っていくことになりますので、怪我には十分お気を付けください。
 川面に黒い線のようなものがあるのがお分かりいただけるでしょうか?これが、コウモリの群れです。写真を撮っているところの下に洞窟があり、そこからたくさんのコウモリが出ていく様子が見れます。

hpa an linno cave bat cave。リンノ洞窟、バット洞窟。モーラミャイン・トラベル・インフォメーション、旅行観光情報 リンノ洞窟、バット洞窟、約30分くらい、洞窟からコウモリが出続けます。

リンノ洞窟 (Linno Cave)、 バット洞窟 (Bat Cave)の地図

 

 

パ・アン、パアン、旅行観光情報、地図の使い方 地図の使い方

Mawlamyine Travel Information 地図の使い方

リンノ洞窟、 バット洞窟の行き方

リンノ洞窟、 バット洞窟は、パ・アン市内の隣を流れる川の反対側になりますので、橋を渡っていかなければなりませんので、市内からですと30分くらいかかります。なお、この場所は、モーラミャインから船で行くときの船着き場になります。モーラミャインに行かれてから、船でパ・アンに行かれるのもよろしいかと思います。モーラミャインの観光情報は、こちらをご覧ください。

 

リンノ洞窟, バット洞窟, Linno Cave, Bat Cave, Hpa-an, pa an, myanmar, ミャンマー

 

バット洞窟 リンノ洞窟 行き方 Bat Cave, Linno Cave
入口 バット洞窟 リンノ洞窟 行き方 Bat Cave, Linno Cave
 ちょっとわかりにくいのですが、バット洞窟は、パ・アン市内から橋を渡って料金所の手前を右に曲がります。道の先に見えるのが料金所です。
入口の写真バット洞窟 リンノ洞窟 行き方 Bat Cave, Linno Cave
 右に曲がると砂利道です。この道をまっすぐ走り、T字路にあたりますので川沿いに左に曲がってください。

 

バット洞窟 リンノ洞窟 行き方 Bat Cave, Linno Cave

 

バット洞窟 リンノ洞窟 行き方 Bat Cave, Linno Cave

 上の写真がT字路です。見にくいですが、←Bat Caveと紙に書かれています。ここを左に曲がってください。
 赤い門が入口です。

入口の写真 バット洞窟 リンノ洞窟 行き方 Bat Cave, Linno Cave

 

入場料の写真 バット洞窟 リンノ洞窟 行き方 Bat Cave, Linno Cave

 ここが駐車場です。入場料が必要で、1,000kyatです。

Myanmar Travel Information

バット洞窟, リンノ洞窟 (Hpa-an, Bat Cave, Linno Cave), 無数のコウモリがみられます。パ・アン観光情報


Job Mawlamyine

バット洞窟, リンノ洞窟 (Hpa-an, Bat Cave, Linno Cave), 無数のコウモリがみられます。パ・アン観光情報




関連ページ

サダン洞窟・サダンパゴダ (Hpa-an, Sadan Cave)
パ・アンにあるサダン洞窟(Hpa-an, Sadan Cave)。パ・アンで行くべき観光場所、観光スポットのひとつです。洞窟内のパゴダを通り抜けと船着き場あり、船、ボートで入口付近まで戻ってくることができます。舟は有料で、1人当たり2,000kyatになります。為替レートにもよりますが、約150円くらいになります。
チャウッカラット パゴダ (Hpa-an, Kyaut Ka Latt Pagoda)
ミャンマーのパ・アンにある、チャウッカラット パゴダ(Kyaut Ka Latt Pagoda)です。このパゴダは、パ・アンのシンボル的な存在でもあり、多くのミャンマー人が訪れます。池の真ん中に、大きな岩があり、その岩の中腹にパゴダがあります。周りの池には大きな鯉がたくさんいます。
Kaw Ka Thaung Cave
Kaw Ka Thaung Caveは、パ・アン(Hpa-an)市内からかなり遠い場所にあります。また、それほど大きいパゴダではありませんので、サダン洞窟などに行ったついでに行くくらいでいいと思います。個人的には、おすすめのパゴダではありません。
ヤテッピャン洞窟 (Yathae Pyan Cave)
パ・アン(Hpa-an)、ヤテッピャン洞窟 (Yathae Pyan Cave)は、サンセット、夕日がとてもきれいなパゴダです。洞窟を抜けると展望台があり、そこからの眺めは最高です!もちろん、日中に行ってもとても眺めがいいですので、パ・アンで行くべきおすすめのパゴダです。
カウゴン洞窟 (Kaw Gon Cave, Kaw Gun Cave)
パ・アン(Hpa-an)にある、カウゴン洞窟 (Kaw Gon Cave, Kaw Gun Cave)。この洞窟はそれほど大きな洞窟ではありませんが、パゴダの壁一面に無数のブッダの彫刻、彫り物が施されているパゴダです。このパゴダは入場料が必要で、外国人は3,000kyat、約250円が必要です。
バインニー洞窟
バインニー洞窟 (Hpa-an, Bayin Nyi Cave)は、入口に温泉のある洞窟です。温泉はきれいではありませんが、足湯くらいなら楽しめると思います。バインニーパゴダにはたくさんの猿が住んでいますので、猿を見たい方は行かれることをお勧めいたします。
Shwe Yinh Myaw Pagoda
Shwe Yinh Myaw Pagodaは、パ・アンの市内にありますので行きやすいパゴダです。川沿いにあるので眺めもいいです。パアン市内から近いこともあって、多くのミャンマー人が訪れます。おすすめするパゴダではありませんが、時間が余ったら行く感じでいいのではと思います。
Night Market (パ・アン)
パ・アン(Hpa-an, Pa-an)にあるナイトマーケットです。16時頃から22時ころまでやっています。ここからの景色は非常によく、昼間に行っても楽しめる観光スポットです。

English 日本語 (Japanese) Myanmar Travel Others About Us